運転モード:太陽光発電システムと連携した場合

Powerwallはカスタマイズ設定が可能で、複数の運転モードをTeslaモバイルアプリから直接コントロールすることができます。ここでは、これらのPowerwallの運転モードついてご紹介します。

お客様のシステムに太陽光発電システムが連携されていない場合は、運転モード:太陽光発電システムと連携しない場合をご参照ください。

運転モードの概要

Powerwallは先進的なソフトウェアと高度な予測機能により、充電と放電をコントロールすることができます。 各運転モードにおいて、優先度の高い電源から充電を行い、同様に、優先度の高い供給先に電力を放電します。以下の表で、各運転モードにおいて優先的に充電に利用される電力、放電時の条件についてご確認頂けます。

Powerwall 運転モード 充電に優先的に利用される電力(入力) 放電時の優先条件(出力)
バックアップ専用モード

常に100%蓄電し、停電時のみ放電します。
1. 太陽光発電による電力 * 電力系統が停電している時のみ放電
自家消費モード

太陽光発電から蓄電し、太陽光発電による電力が足りない場合に放電します。
自家消費が最大になるよう運転するモードです。
1. 太陽光発電による余剰電力 1. 電力系統からの電力消費の発生時
応用モード:時間帯設定 バランスモード

太陽光発電から蓄電し、電気料金が高い時間帯に放電します。
自家消費と節約のバランスをとって運転するモードです。
時間帯により電気料金が変動するお客様向けのモードです。電気料金の高い/低い時間帯を入力することで、最適に運転します。
1. 電気料金が低価格の時間帯に発電した太陽光発電による電力
2. 電気料金が中価格の時間帯に発電した太陽光発電による電力
1. ピーク時(最高域)の電力消費量の相殺のため
2. 電気料金が高価格の時間帯における太陽光発電出力時
3. 中間域(最低域と最高域の間)の電力消費量の相殺のため
4. 電気料金が中価格の時間帯における太陽光発電出力時
応用モード:時間帯設定 コスト削減モード

電気料金が低い時間帯に電力系統から電気をため、電気料金が高い時間帯に放電します。
節約効果が最大になるよう運転するモードです。
時間帯により電気料金が変動するお客様向けのモードです。電気料金の高い/低い時間帯を入力することで、最適に運転します。
1. 電気料金が低価格の系統電力
2. 電気料金が中価格の系統電力
1. ピーク時(最高域)の電力消費量の相殺のため
2. 電気料金が高価格の時間帯における太陽光発電出力時
3. 電力消費量の中間時(最低域と最高域の間)の相殺のため
4. 電気料金が中価格の時間帯における太陽光発電出力時

ご家庭における電力使用量

電力消費量(Any Usage)- 実際にご家庭で発生している電力消費量

正味電力消費量(Net Usage)- 太陽光発電の電力が差し引かれる前の電力消費量

太陽光発電量

太陽光発電量(Any Solar)- 太陽光発電システムで発電された電力

余剰電力量(Excess Solar)- 太陽光発電で発電された電力のうち、使いきれずに余った電力